読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Real ~KoKoRo

心を刺激するテーマ。

テニスバッグとバレンタイン

今週のお題「部活動」

中学は3年の時に引っ越したから、

部活をしてたのは約2年間。

高校は部活をしなかったから、

最初で最後の部活になる。

 

その2年間を振り返った時、

自分が何を頑張ったとか、

強豪校に勝ったとか、

いい結果を出せたとか、

そのような思い出はあまり

残っていないように感じる。

もちろん、2年間自分なりに

頑張ったつもりだけど。

 

一番思い出に残っているのは、

バレンタインデー。

その頃は中学1年で隣の女の子が

好きだった。お互いに意識していた

と思う。けれど、中学1年生だから

恥じらいも、周囲の視線も意識する

年頃である。僕は「恋愛なんて興味なし」

という姿勢を貫いていて、相手も恋の話には

触れない。というか触れられない。

 

バレンタイン当日、もしかして

下駄箱に…机の中に…という淡い期待

をしていたけど、当然なし。

隣の席の女の子の顔をさりげなく

見ても、いつも通り。少しがっかりしたけど、

その日はいつもと同じように過ぎて、

部活をして、友達と一緒に帰る。

 

帰り道、やっぱり出る話題は、

「今日チョコもらった?」という話。

僕のグループにはモテる奴はいないので、

「もらえるわけないじゃん」と口をそろえて言う。

僕はその時、隣の席の女の子の顔を思い浮かべて、

少しだけ寂しい気持ちに。

 

当時、鍵っ子だったので、家には誰もいない。

家の前でゴソゴソと鍵を探そうとテニスバッグを

あさっていると、見慣れない小包。

ん?と開けてみると、その女の子からのチョコレートと手紙。

僕はすぐに彼女に連絡をして、

その場の勢いで告白をした。

 

テニスバッグを見る度に、

中学1年にした初恋を思い出す。